2018年05月06日

晴天

AQUOS PHONE ZETA 手帳 ケース SH-01F 手帳型ケース aquosphonezeta 手帳型カバー オススメ アクオスフォンゼータ スマホケース レザー docomo 海 ヤシの木 バカンス 南国 ハワイアンデザイン サーファー カモメ ウミネコ 海鳥 旋回 積乱雲 夏の空 晴天 天気 (L)
商品価格:1,980円
レビュー平均:0.0


大雨後の晴天で植物がしおれるのはなぜ? こんにちは。 昨日の大雨から一転、すが...

大雨後の晴天で植物がしおれるのはなぜ? こんにちは。 昨日の大雨から一転、すがすがしい晴天となり人間としては喜ばしいところですが、例によって庭の植物の一部がしおれています。 こういった現象はよくあることのようですが、原因を調べたところで曖昧な憶測が行き交っており、イマイチ納得がいきません。ご存知のかたがいれば、詳細なメカニズムとそれに基づく応急処置を教えていただけませんでしょうか。 以下は私見ですが、しおれているということはつまり、植物の身に含まれる水分が少ないということですよね。しかし土は大雨の名残で湿っていることから、気孔からの蒸散量が根から吸い上げる量を大きく上回っていると考えられます。ですが、夏の陽射しと比べれば今日など大したことはありませんから、単純に暑さで参っているというわけではなさそうです。 また、気孔は光をトリガーとして開き、土中の水は光合成に際して吸い上げられると聞いたことがありますから、何らかの原因で水を吸い上げる能力、または光合成という化学反応そのものが障害されているのではないかと想像しています。ですからひとまず、葉水を与えてから日影に移せば葉に水分が戻りますし、気孔も閉じますから最適な応急処置になると思うのですが、いかがでしょうか。 回答、ご意見よろしくお願い致します。(続きを読む)



This RSS feed URL is deprecated

This RSS feed URL is deprecated, please update. New URLs can be found in the footers at https://news.google.com/news(続きを読む)






































posted by よーつべ at 00:08| 日記